/

九州新幹線、12日全線開業 東日本巨大地震で式典中止

JR博多駅と鹿児島中央駅を結ぶ九州新幹線鹿児島ルートが12日、全線開業する。博多―新八代間が新たに開業し、博多―鹿児島中央を最速でこれまでより53分早い1時間19分で結ぶ。山陽新幹線と相互直通運転する最速列車「みずほ」は新大阪―鹿児島中央を最短3時間45分で結び、九州と関西、中国地方が近くなる。11日午後に発生した東日本巨大地震の影響で式典はすべて中止となるが、運行は通常通りの見通し。

九州旅客鉄道(JR九州)では地震発生直後、社長以下幹部10人が本社で対応を協議。検討の結果、博多や鹿児島中央など沿線各駅で12日に予定していた開業記念式典をすべて中止することを決めた。「被害状況が見えない中で祝賀式典を開くことは適切ではない」(同社)。同日に予定していた新聞広告、テレビコマーシャルも自粛する。

東海道新幹線の運休で11日にダイヤが乱れた山陽新幹線も12日には通常通りになるとみられ、九州新幹線の運行には影響はない見通し。

九州新幹線は最速列車「みずほ」のほか、みずほより停車駅が多い相互直通列車「さくら」、九州域内を走る「つばめ」の3種類を運行。みずほに乗れば新大阪―鹿児島中央間は開業前に比べ77分短い3時間45分になる。熊本までは同58分短い2時間59分。九州域内の移動も、博多から鹿児島までが53分短縮の最速1時間19分、熊本までが40分短縮の33分と格段に早くなる。

3日に開業したJR博多シティには九州初出店の衣料品店、レストランが多数入居しており、先行開業から1週間(2~9日)で208万人が来店した。新幹線効果で九州全域から博多に向かう人が増えそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン