/

日本最西端の駅弁発売 宗英道、沖縄豚のカツサンド

日本最西端の駅弁です――。沖縄都市モノレール(那覇市)の「ゆいレール」が開業9周年を迎える10日、那覇空港駅にゆいレール初の駅弁が登場する。

沖縄産の豚肉に、伝統の油味噌をからめたカツサンド3個と、風化サンゴで焙煎(ばいせん)したコーヒーを使ったコーヒークリームサンド1個入り。日本最西端の同駅の緯度と経度を記した豚のシルエットをパッケージにあしらった。

1箱700円。健康食品メーカーの宗英道(沖縄県八重瀬町)が販売し、売り上げの3.5%はサンゴの再生に充てるとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン