55歳長女を殺人容疑で逮捕 福岡の女性焼死体事件

2013/2/8付
保存
共有
印刷
その他

福岡県福智町の農道で車が全焼し、近くに住む生花業、世良京子さん(78)が焼死体で見つかった事件で、福岡県警捜査1課と田川署は8日未明、世良さんの長女で管理栄養士の藤村真由美容疑者(55)=福智町上野=を殺人容疑で逮捕した。県警によると「母が死んでもいいと思って火をつけた」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は5日午前5時ごろ、福智町上野の世良さん宅で、世良さんの頭部を殴るなどし、約70メートル離れた農道上に止めた世良さんの軽乗用車近くで焼死させた疑い。

県警によると、藤村容疑者は「母の家で口論になり、かっとなって花瓶で母の頭を殴った。外に逃げたので母の車で追いかけ、倒れていた母にライターで火をつけた」と供述している。

世良さんは発見時、車の運転席ドアの外側で倒れていた。自宅には血が飛び散った痕があり、自宅から車付近までの路上にも血痕が点々と残っていたという。

県警は事件当日から、一人暮らしだった世良さんの生活実態やトラブルの有無などについて、藤村容疑者を含む親族から事情聴取。7日午前、捜査員が藤村容疑者の自宅を訪れた際、室内に入る直前に同容疑者が自ら首などを傷つけたという。病院に搬送されたが軽傷で、県警は治療後、任意同行して取り調べていた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]