/

西鉄福岡駅、チケット売り場が夕方はパン店に

チケット売り場がパン屋に変身――。西日本鉄道は西鉄福岡駅北口の企画乗車券売り場を午後3時からテナントに貸し出す取り組みを始めた。1日13万人が乗降する駅ナカ立地を生かし、テナント収入を得る狙い。

チケット売り場は午前8時から午後2時まで企画乗車券を販売し、以降は閉鎖していた。店舗面積は11平方メートルだが、「駅改札に近く、人通りが多いので商売になる」との声が社内外から上がり、テナント賃貸することにした。

入居したテナントは福岡市城南区のパン屋「バーバロッサ」。看板を付け替え、午後3時から午後9時半まで、150~200円の菓子パンなどを販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン