三池炭鉱や八幡製鉄所、世界遺産へ住民奮闘

2014/7/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)の世界遺産登録を追い風にしようと、同じ産業遺産の登録を目指す自治体や市民の活動に熱が入っている。ユネスコの審査を来年控える九州・山口などの「産業革命遺産」の関連自治体は富岡の成功例を参考に、遺産価値を丁寧に訴え"登録連覇"を狙う。足尾銅山(栃木県)でも公害のほか、近代化を支えた歴史にも光を当てようと地域住民が奮闘している。

「励みになるし、追い風にしたい」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]