/

敦賀市長、新設原発の早期着工要請へ

福井県敦賀市の河瀬一治市長は31日の定例記者会見で、同市で計画されている日本原子力発電の敦賀原子力発電所3、4号機の本体工事について「原子力が当面果たす役割を考えると、現時点で運転開始から30~40年を超える原子炉を(最新の炉で)置き換えていく必要がある」と述べ、早期着工を求めていくことを改めて強調した。

東京電力福島第1原発事故を受け、敦賀原発3、4号機の今年度中の着工が危ぶまれている。河瀬市長は、国のエネルギー政策の見直しによっては存廃も議論の対象になりうる高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)に関しても「資源のない国として研究を進めてきた。ここで断念するのはいかがなものか」と疑問を呈し、国に存続を訴えていくことを明らかにした。

野田佳彦新首相による新政権に対しては「菅政権時代、電源立地地域は振り回された。新政権には立地地域に光が見えるような政権運営をしてほしい」と注文した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません