/

文豪居住の邸宅「下鴨泉川亭」を売却 レオパレス

レオパレス21が京都市左京区の邸宅「下鴨泉川亭」を香港系ファンドの会長に売却していたことが関係者の話で明らかになった。売却額は17億円程度とみられる。同邸宅は世界遺産の下鴨神社付近に位置し、川端康成や谷崎潤一郎といった文豪が居住していた。国内企業なども購入を検討していたが、条件が合わなかったもようだ。

下鴨泉川亭は下鴨神社の神官の居所だったが、明治期に一般邸宅として譲渡された。川端康成が「古都」を執筆した場所として知られ、谷崎潤一郎の「夢の浮橋」の舞台にもなった。

第1種低層住居専用地域にある物件のため、旅館としては活用できない。買収した香港系ファンドの会長は、日本における滞在拠点や取引先向けの迎賓館として利用する予定という。

レオパレスは2006年に約12億円で邸宅を買収、大規模改修を実施し迎賓館として利用していた。リーマン・ショック以降に財務体質が悪化したため、資産圧縮の一環で売却を決めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません