/

この記事は会員限定です

鉄道・バス会社が野菜工場 近鉄・奈良交通など、遊休地活用

[有料会員限定]

関西の鉄道・バス会社が遊休資産を活用した農業ビジネスを展開する。近畿日本鉄道や阪神電気鉄道が遊休地や高架下でレタスなどを栽培。奈良交通も10月、奈良市の自社ビルに野菜工場を設ける。販路としてグループの子会社などを活用し、新たな収益源に育てる。

近鉄は奈良県大淀町内のニュータウン「花吉野ガーデンヒルズ」内の土地を活用し、植物工場(210平方メートル)と農業用ハウスを建設した。投資額は3億6000万円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン