2019年1月24日(木)

中国地方5県の有効求人倍率が上昇 3月

2010/5/1付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省がまとめた中国5県の3月の有効求人倍率(季節調整済み)は0.61倍と、前月比0.01ポイント上昇した。上昇は3カ月連続。広島、鳥取、山口で上昇した一方、岡山と島根は低下した。地域によっては製造業などで一部新規求人が増加する動きがみられるものの、本格的な回復には至っていない。

県別にみると、広島は0.02ポイント上昇した。新規求人は製造業など多くの産業で前年同月比で増加に転じた。自動車産業はマツダが期間従業員の採用を開始しており、「関連企業の請け負いも含め、求人は増えている」(広島労働局)という。一方で小売りや飲食など個人消費分野の求人はマイナスが続く。

鳥取も情報通信を除く全産業で新規求人が増加し、前月比0.04ポイント上昇。山口も学習塾の年度末向け求人などがあり0.02ポイント上昇した。ただ、いずれの県も「大半が期間雇用で正社員求人は低迷している。厳しい状況は変わらない」(鳥取労働局)とみている。

岡山と島根はいずれも0.02ポイント低下した。島根は国の雇用対策事業の就職者で、3月で契約期限切れを迎える人の求職が増えたという。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報