/

マイファーム、作物販路を保証 農地の貸し出しで

農業ベンチャーのマイファーム(神戸市)は27日、収穫物の販売先を保証した上で農地を貸し出す事業を始めた。販売先を探す手間を省くことで、未経験者でも農業を始めやすいようにする。若い農業の担い手を育成したり耕作放棄地を有効活用したりする狙いだ。

すでに兵庫県三田市で約1500平方メートル、大阪府岸和田市で約800平方メートルの遊休地を借りており、1契約当たり50平方メートル貸し出す。収穫物は自動車用品販売店などを展開するG-7ホールディングス子会社のG-7アグリジャパン(同)が運営する近くの直売店に納める。今後は関西圏を中心にG-7アグリの直売店周辺で農地を探す。

マイファームは2007年設立。全国で体験農園を運営している。西辻一真社長は「2、3年後には収益に貢献する事業に育てたい」と述べた。マイファームの12年12月期の売上高は1億7000万円。今期は2億6000万円の売上高を目指す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン