北陸3県の有効求人倍率が上昇 7月

2010/8/28付
共有
保存
印刷
その他

 厚生労働省が27日発表した北陸3県の7月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月に比べ福井が0.05ポイント上昇し0.82倍、富山が0.02ポイント上昇し0.72倍だった。それぞれ3カ月連続で前月を上回った。石川県は0.58倍で2カ月連続の横ばい。3県とも全国平均(0.53倍)を上回った。製造業を中心に雇用改善の動きが続いている。

 新規求人数は前年同月に比べ富山が16.7%増の6314人と6カ月連続、石川が16.6%増の6285人と4カ月連続、福井が13%増の4882人と6カ月連続でそれぞれ増えた。幅広い業種で増加したが、リーマン・ショックで落ち込んだ反動で増えた面もある。

 新規求人のうち正社員は3県ともに増加した。ただ、最近の円高傾向や株安が3県企業の採用活動に影響する可能性もあり、新規求人が今後も増え続けるかは不透明だ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚生労働省季節調整値有効求人倍率

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 15:29
24日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報