/

この記事は会員限定です

地域金融、東大阪で中小争奪戦 南都銀は支店増設

[有料会員限定]

近畿の地域金融機関が中小企業が集まる大阪府東大阪市で営業攻勢をかけている。府外に本店を持つ南都銀行などが支店を増やしたほか、大阪が地盤の関西アーバン銀行は役員が陣頭指揮に立つなど営業体制を手厚くしている。関西全体の資金需要が伸び悩むなか、堅実な経営を続ける優良な中小企業を囲い込む。

奈良県が地盤の南都銀は27日、近鉄河内永和駅そばに永和支店を開設した。28日には近鉄若江岩田駅近くに若江岩田支店を設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン