2019年2月20日(水)

福井県・西川知事が3選出馬表明 来年4月選挙

2010/11/27付
保存
共有
印刷
その他

福井県の西川一誠知事(65)は26日の県議会本会議で「これまでの成果と経験を基に、より大きなスケールで県政を次の段階へ前進させることが私に課せられた責務だ」と述べ、来年4月に予定される知事選に3選をめざして出馬する意向を表明した。

西川氏は1、2期の7年半余りを「新しい時代を切り開くために県政を推進し、福井県の基盤づくりに務めた」と振り返り、実績として自身の提唱で実現した「ふるさと納税」制度や、11県知事による「ふるさと知事ネットワーク」の創設などを挙げた。

一方で、北陸新幹線の金沢―敦賀間については、新規着工の見通しが立っていないことなどを指摘し、「いまだ道半ばの気持ちを強くしている」と述べた。

本会議後に記者会見した西川知事は「県民の不安をなくし、福井の将来は大丈夫だと思える基盤づくりをしないといけない」と3期目への意気込みを強調。政党などの支援については「幅広く、いろいろな団体から支持をいただきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報