2019年3月22日(金)

「瀬戸の夕陽」テーマに 高松ジャズフェスが新曲と彫刻企画

2011/4/26付
保存
共有
印刷
その他

高松市で毎年夏に開催する「サンポートジャズフェスティバル」の実行委員会は25日、彫刻家とジャズピアニストの連携企画「瀬戸の夕陽夢プロジェクト」を発表した。開催10周年を記念。テーマに沿ってジャズの新曲と彫刻を作成し、瀬戸内海の魅力を発信する。

彫刻家の流政之氏とジャズピアニストの秋吉敏子氏が参加する。8月、高松市の再開発地区、サンポート高松に設置する彫刻を前に秋吉氏が新曲を披露する。

御影石を材料に人の形をイメージした高さ2.6メートルと2メートルの彫刻を制作。彫刻の空洞に海からの夕日が差し込むよう設置する。流氏は「人が自然と集まる、愛嬌(あいきょう)のある彫刻にしたい」と述べた。

支援者代表の竹崎克彦・高松商工会議所会頭は「震災があった時だからこそ、イベントで瀬戸内から元気を発信したい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報