農の担い手で企業が名乗り 近畿の就農者、全国上回る高齢化率

2013/6/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西企業の間で農業を活用する動きが強まっている。自社製品の原料となる農作物の生産を手がけたり、製品のユーザー拡大のために農機メーカーが参入するケースなどが目立つ。関西圏には農家の高齢化などで生産に使われていない耕作放棄地が多い。自治体も参入を後押しする制度を設けており、企業が近畿農業の新たな担い手を生み出す可能性もありそうだ。

納豆製造の山口食品(大阪府豊能町)は今月、豊能町で0.18ヘクタール…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]