/

この記事は会員限定です

近畿の商工会、攻めの地域活性化策 観光振興など

[有料会員限定]

町や村の地域経済団体である商工会が相次ぎ大学との連携などを通じて、様々な地域活性化に乗り出している。商工会が立地する地域は過疎化や地場産業の担い手不足という共通の悩みを持つ。商工会では外部の技術やアイデアを取り入れながら、新たな特産品づくりや観光の盛り上げなどを狙う。商工会主導で海外販路の開拓や環境保護事業を始めたケースもあり、商工会の活動の幅が広がってきた。

兵庫県内29商工会の上部組織である同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン