/

この記事は会員限定です

京都府、農村に住み込み相談員 地域再生の旗振り役担う

[有料会員限定]

京都府は府内の農村の少子高齢化や高齢者支援といった地域の課題解決へ、今秋から専門の相談員を地域に配置する事業を始める。相談員は各地に3~5年ほど住み、自治体や関係団体とも連携して地域再生の旗振り役を担う。地域に根付いた活動を通じて住民らとの交流を深め、限界集落の減少や地域活性化につなげていく。

NPO法人などを対象に相談員の受け入れを希望する地域団体の公募を今夏にも始める。例えば、周辺にスーパーや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン