2019年6月17日(月)

西芝電機、姫路に大型発電機の新工場 船舶向け

2014/6/21付
保存
共有
印刷
その他

船舶用電機システム大手の西芝電機は20日、兵庫県姫路市の本社敷地内に新工場を建設すると発表した。主に船舶用の大型発電機を製造する。投資総額は約14億円で、2015年秋に稼働を予定する。コンテナ船などの船舶の大型化に対応し、約25年ぶりに新工場を建設する。

新工場は9月をメドに着工する。1階建てで延べ床面積は約2500~2800平方メートル。コンテナ船や内航フェリーの大型化、液化天然ガス(LNG)用タンカーや海底調査・開発用の調査船、掘削船の建造増に対応する。1万5000キロワット級の電気推進システムを製造する体制を整える。

ビルや病院などの分散電源向けにガス燃料を使う熱電併給(コージェネレーション)用の発電機の製造能力も増強する。6000キロワット級のシステムの製造に対応する。

新工場にはクレーン設備などを整え、大型機器の製造効率を高める。既存工場は中小型機器の製造にシフトする。13年度に約15億円の大型製品の売上高を16年度に約50億円に引き上げる。

同社の14年3月期の連結売上高は196億円。船舶・海洋電機システムと発電・産業システムが主力で、姫路市網干区の本社工場の敷地面積は約18万5000平方メートル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報