フォーシーズンズホテル京都、15年開業 マレーシア企業が出資

2012/9/20付
保存
共有
印刷
その他

カナダに本拠を置く高級ホテルチェーン、フォーシーズンズ・ホテルズ・アンド・リゾーツのスコット・ワーロック副社長は19日、京都市で記者会見し、同市東山区で開発中の「フォーシーズンズホテル京都」を2015年初めに開業すると発表した。マレーシアの大手商社、ベルジャヤ・コーポレーションなどが250億円を投資する。

ホテルは武田病院グループが運営していた「東山武田病院」の跡地に建てる。昨春時点で14年2月の開業を目指すと発表したが、京都市との調整などでスケジュールが遅れたという。

延べ床面積は約3万5000平方メートルで、186室の客室を配置する。一般の客室で54平方メートル、スイートルームは200平方メートル以上で、京都の伝統工芸の技術を生かした内装で高級感を演出する。

ワーロック副社長は「アジア圏でホテル開発に重点を置いており、京都は文化的に最も重要な場所」と強調。同席した京都市の門川大作市長は「世界に冠たるホテルが少ないのが京都の弱点だった。共同で観光を盛り上げたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]