ジャンボフェリー、小豆島―神戸新航路7月6日開設申請

2011/5/20付
保存
共有
印刷
その他

ジャンボフェリー(神戸市、山神正義社長)は19日、小豆島の坂手港(香川県小豆島町)と神戸港を結ぶ新たな定期航路のダイヤと料金を決め、神戸運輸監理部に申請した。7月6日に運航を開始。1日3往復で、料金は一般旅客が片道1800円、普通車が4990円を予定している。

小豆島と神戸の間を約3時間で結ぶ。小豆島の坂手港発は午前7時20分、午後4時20分、午後8時40分。神戸港発は午前5時40分、午後2時、午前1時を予定し、午前1時発の便のみ高松港を経由するため、坂手到着は午前7時10分になる。

新航路は神戸港と高松港を結ぶフェリーの一部を坂手港経由にして開設。神戸運輸監理部が安全面などを審査し、1カ月以内をメドに認可の可否を決める。高松港の発着時刻については、小豆島航路の認可が下り次第、発表するという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]