/

ボルガライス、越前焼の専用皿でおいしく

福井県越前市のご当地B級グルメとして人気急上昇中の「ボルガライス」専用の越前焼の皿が完成し、このほど同市内の飲食店10店が使用を始めた。越前焼の窯元でつくる越前焼工業協同組合(司辻光男理事長)が「伝統工芸品とご当地グルメのコラボを」と専用皿を作り、希望する飲食店に無償で提供した。

専用皿は5つの窯元が計9種類作り、10店に10枚ずつ(うち2店は同じ皿)提供した。横長でやや深く縁が上方に反ったデザインの皿=写真=を提供された飲食店「和伊屋」の山崎清成店主は「ボルガライスの据わりが良く、縁が反っているのでスプーンでご飯がすくいやすい」と満足げだった。

越前焼工業協組は越前陶芸村(福井県越前町)にある直売所でボルガライス専用皿を一般にも販売する。価格は3150~6300円。

ボルガライスはオムライスにカツを載せてソースをかけた洋食。越前市で30年ほど前に登場し、現在、市内で17の飲食店が出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン