/

五輪選手輩出の天満屋女子陸上部、練習用Tシャツを開発

百貨店の天満屋(岡山市)は21日、五輪女子マラソン代表選手を歴代輩出している同社女子陸上部が監修したトレーニング用Tシャツを発売する。アシックスとの共同開発で、汗を吸い、すぐに乾く素材を利用することで、着心地をよくした。同陸上部も練習時にはこのシャツを着用するという。売り上げの一部は県内の陸上競技団体などに寄付する。

胸元に陸上部のシンボルであるペガサスをあしらった。色は部のイメージカラーのピンクとブルーの2種類。価格は半袖が5985円、長袖が6825円。発売日には同部の武冨豊監督と、シドニー五輪に出場した山口衛里コーチが店頭販促に参加する。

天満屋の女子陸上部は1992年の創部で、五輪ではシドニー、アテネ、北京の3大会連続で代表選手を出している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン