/

「うどん県」に年賀状2673枚届く 7割が香川県外から

香川県が知名度向上キャンペーンの一環として実施した"うどん県"宛てに年賀状を送るキャンペーンで、17日時点で香川県庁に2673枚が届いたことが分かった。県では当初「500~1000枚ほど来れば上出来」と見ていただけに、予想を上回る反響に喜んでいる。

企画はタレントの要潤さんを"うどん県副知事"に任命。住所にうどん県と記載して、要さん宛てに年賀状を送るという内容。抽選で県の特産品などが当たる。

県観光振興課によると、うどん県への年賀状2673枚のうち、県内からが871枚。県外からが1802枚で約7割を占めた。北海道から沖縄県まで幅広い地域から集まり「県の認知度向上に役立った」としている。来年以降も継続的に実施していく方針。

18日には県東京事務所(東京・千代田)で要さんらが出席して抽選会を実施。県特産のオリーブ製品の詰め合わせを10人に送る予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン