/

この記事は会員限定です

農産物直売所は戦国時代 JAが相次ぎ大型店

[有料会員限定]

農協などが出店する農産物直売所が近畿で増え続けている。農水省の調査によると、2府4県の2011年の店舗数は2030と前年の2.4倍に達した。最近目立つのが、売り場面積が500平方メートルを超える大型店だ。大阪府南部や奈良県、和歌山県などに農協による大型店が相次いで開業している。近畿南部は直売所による「戦国時代」の色合いを帯びてきた。

JAならけんが奈良県橿原市に4月開業した「まほろばキッチン」は農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン