JR四国、グループの駅弁会社を9月末に解散

2014/4/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国旅客鉄道(JR四国)は、グループ会社で弁当の製造販売やうどん店運営などを手掛ける高松駅弁(高松市)を9月末に解散する方針を固めた。特色のある駅弁の開発販売などで事業を進めてきたが、鉄道利用客の減少や、充実した弁当の品ぞろえを持つ大手コンビニエンスストアチェーンの出店攻勢を受け、赤字が続いていた。駅弁の供給は外部に委託して続ける方針だ。

同社は1943年の設立。駅弁の開発・製造や列車での車内販…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]