/

「讃岐うどんバーガーはいかが」 香川のSAに登場

ダシ使ったタレやネギ・かつおぶしで味を再現

穴吹興産子会社の穴吹エンタープライズ(高松市)は15日から、同社が運営する津田の松原サービスエリア(香川県さぬき市)で「さぬきうどんバーガー」を販売する。1個450円で土日祝日のみ40個限定で販売する。

土日祝日限定で販売する「さぬきうどんバーガー」

表面を油で揚げた讃岐うどんを、鶏つくねのハンバーグや目玉焼き、レタスなどとともにパンで挟んだ。うどんダシを使ったしょうゆのタレをかけ、かつおぶしやネギをまぶして、うどんの味を再現している。

同社は昨年11月、さぬきうどんバーガーコンテストを開催し、運営するホテルや旅館の料理人約60人が参加。味や見た目を競い合い、旅館くらしき(岡山県倉敷市)の和食調理担当の山辺直哉氏の「醤油饂飩(しょうゆうどん)バーガー」が優勝した。山辺氏のアイデアをもとに商品化した。

津田の松原SAは高松市と徳島市を結ぶ高松自動車道の途中にあるが、高速バスの停留所ともなっており、一般道からもアクセスできる。穴吹エンタープライズは「県外の観光客だけでなく、地元の人にも食べてもらいたい」と期待する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン