/

この記事は会員限定です

太陽光発電、児童に一目で 山崎電機、小学校向け表示装置

[有料会員限定]

電子機器商社の山崎電機(金沢市、山崎昭一郎社長)は太陽光発電設備のある小学校を対象に、発電状況を示すタッチパネル式の表示装置を販売する。小学生が手で画面に触れながら環境への理解を深められるシステムで、年内に金沢市内のモデル校に1号機を設置する。小学校への太陽光発電設備の設置は今後も拡大する見通し。2011年度に10校以上の受注を目指す。

山崎電機はタッチパネルを利用して電力消費量や二酸化炭素(C...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン