2019年1月20日(日)

クリエアナブキ、看護師人材紹介に参入 定着率向上支援

2010/5/11付
保存
共有
印刷
その他

中四国を中心に人材関連サービスを手掛けるクリエアナブキは、人手不足に悩む医療機関向けに看護師の人材を紹介する事業に乗り出した。手数料を抑え、人材の定着率向上のための研修も手がける。まず首都圏で開始、2011年3月期中に岡山と香川でもサービスを始める。景気低迷で人材需要が低下する中、医療機関向けサービスを強化する。

新サービスは「ナースネットワーク」で4月に首都圏限定で開始。同名のインターネットのホームページを立ち上げた。契約した医療機関の求人案件を同ページに掲載、転職や復職を希望する看護師に情報を提供する。求職者は同ページを通じて登録。クリエアナブキは医療機関の求人案件の条件に合う登録者を紹介する。

契約した医療機関に対しては看護師の定着率向上につながるような研修を無料でする。出産や育児などで現場を離れた看護師の職場復帰も無料で支援。退職者には退職理由を聞き、希望勤務条件のアンケートを実施。退職者が復職できやすい環境づくりのために医療機関に助言する。契約医療機関の退職者には同サイトへの登録を促す。

手厚い支援をすることで、ほかの人材紹介会社との違いを打ち出す。成約した際に医療機関が支払う手数料の一般的な相場は年収の2割程度だが、クリエアナブキは1割程度に抑える。

これらの取り組みにより、首都圏でまず20病院との契約を目指す。首都圏のサービスの状況を踏まえ、今年度中に香川、岡山でも県ごとに専用のサイトを立ち上げサービスを開始する。

景気後退により人材関連の需要は減少している。クリエアナブキも主力の人材派遣事業の売上高が減少、10年3月期は前の期比16%減の61億円になる見込みだ。

同社では従来も医療機関向けに医療事務の人材派遣などを手掛けていたが、看護師の人材紹介に参入し、今後成長が見込める医療機関向けサービスを強化する。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報