/

立命館大の構内にワンセグ放送局 京都市などが実験

立命館大学や京都市などは8日、キャンパス内にワンセグ放送局を設置したと発表した。来年3月末までを実験期間と位置付け、学生向けに学内のニュースやイベント情報を配信する。将来は大学周辺の神社仏閣を紹介する番組も制作し、観光客や修学旅行生にも利用してもらう考えだ。

放送は立命大の「衣笠キャンパス」(京都市北区)の食堂内で視聴できる。最新の携帯電話はワンセグ放送対応の機種が多く、立命大は学生への情報発信にワンセグが利用できると判断した。

今回の実験には立命大のほかに、京都市と財団法人京都高度技術研究所、京都放送、ソフトバンクの傘下企業2社が参加。番組制作を支援したり、ワンセグに必要な基盤技術や機材を提供したりする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン