/

北陸鉄道、グルメと電車ファン同時集客 24日にイベント

北陸鉄道(金沢市、魚住隆彰社長)は24日、同社の石川線鶴来駅(石川県白山市)で「2010ほくてつ電車まつり」を開く。同じ日程で同駅そばの白山市役所鶴来支所で、鶴来商工会などが初開催する「全国まちの駅ご当地グルメつるぎ大会」と連動させ、鉄道ファン、グルメファン両方の集客を狙う。

鶴来駅では7000系車両の運転席に座って写真を撮影できるほか、車内でビールを味わえる「ビール電車体験」を開く。グルメ大会には「富士宮焼きそば」など、ご当地グルメが全国から11店出る。石川県内の飲食店を含め計約50店が出店する。

帰りはグルメ大会に参加したことを示すカード大の用紙を大会窓口で受け取り鶴来駅から乗車すると、野町駅(金沢市)までの運賃が無料になるという。電車まつりには昨年の1500人を上回る来場を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン