/

東亜食品工業、イスラム圏に播州そうめん

東亜食品工業(兵庫県姫路市)は1日、乾麺製造でハラル認証を取得したと発表した。これを受けて5月中にシンガポール向けに製品の輸出を始める。日本食人気を背景に地域の特産品の「播州そうめん」などを海外に売り込む。国内のホテルや外食向けにもメニュー提案などを積極化し、需要を開拓する。

日本アジアハラール協会(千葉市)の担当者が3月に同社を訪問して審査。4月7日付で認証を得た。同社によると乾麺での認証は日本で初めてという。今後はハラルの基準に沿って製造したそうめんなどに認証マークを付け、東南アジアや中東などのイスラム教徒向けに本格輸出する。シンガポールにはまず1万3000食を外食・小売店向けに出荷する。

ビジネスや観光、留学などで日本に滞在する人にも積極販売する。すでに「ホテルや外食業界からの引き合いが入っている」(井上位一郎社長)状況で、イスラム圏の料理に合う調理法などを提案していく。

同社は播州そうめんのほかうどん、そば、中華めんなどを製造。欧米や東南アジア、中国など十数カ国に輸出している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン