岡山パイプライン、天然ガス導管の運転開始

2011/7/2付
保存
共有
印刷
その他

岡山パイプライン(岡山県倉敷市)は1日、JX日鉱日石エネルギー水島製油所A工場(倉敷市)から岡山ガス築港工場(岡山市)までを結ぶ天然ガス導管の営業運転を始めた。総延長は31キロメートルで、年間30万トンの輸送能力を持つ。水島エルネヌジー販売(倉敷市)が岡山ガスに販売する天然ガスの輸送に使用する。タンクローリーで運ぶのに比べ、輸送力が高まる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]