佐渡裕・芸術監督「街や人に愛されるホールを目指した」
奇跡の公立劇場(1)

(1/2ページ)
2013/7/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「チケットを売り切る奇跡の劇場」と称される兵庫県立芸術文化センター(西宮市)。指揮者の佐渡裕氏(52)は2005年の開館前から同センターの芸術監督を務める。「生粋のエンターテイナー」と言われる世界的マエストロは冷静に思いを語った。

――芸文センターは1995年の阪神大震災からの復興のシンボルとして建てられた。

「95年1月17日は京都大学のオーケストラを指揮した。京都も揺れ、食器棚が倒れるなどの被…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


連載企画「関西Made」をまとめ読み

電子版トップ



[PR]