/

お堅い法律 まーるく解説 長寿番組が開いた道(3)

軌跡

演芸番組か、それとも法律番組か――。身近なもめごとを笑いにくるめ、お堅い法律にのっとって柔らかく説く。土曜昼放送のNHK「バラエティー生活笑百科」は、エンターテインメント仕立ての法律相談番組の先がけだ。

NHK大阪放送局の制作で、1985年開始。初めは司会(番組では相談室長との設定)が西川きよしさんだったが、1年後、参院選出馬のため笑福亭仁鶴さんに交代し、以来28年続いている。

漫才コンビがもめ事の子細を語り、是非を問う。それに対し、吉本新喜劇の辻本茂雄さんら2人の相談員が意見を述べ、最後に弁護士が専門的見解を下すという構成だ。

深刻になりがちなもめ事も、笑いに救われる。入念な台本と出演者の話芸のおかげだろう。台本はスタッフが収集した判例をもとに、構成作家が専門家と相談しながらじっくり練りあげる。

「笑いも立派な文化のひとつ。そんな大阪ならではの気概が、娯楽仕立ての法律番組を誕生させた」と仁鶴さんは分析する。

世相を映して、海外旅行でのトラブル、孫への遺産相続など、扱う案件も変容してきた。法律相談を人ごとでなく、身近な問題としてお茶の間に引き寄せた功績は大きい。

相談が枯れてしまう懸念は無いのか。「判例は無数にあるし、似た案件でさえ解釈次第で是非がひっくり返る。台本もまだまだ書けるはず」と担当の石沢直樹チーフ・プロデューサーはみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン