/

この記事は会員限定です

大阪・伊丹空港、飛び地また飛び地の謎

起源は「太閤検地」?

[有料会員限定]

大阪国際空港(伊丹空港)近くへ取材に行こうと周辺を地図で確認した際、奇妙な境界線を見つけた。空港ターミナルビル近辺で大阪府豊中市と池田市、兵庫県伊丹市の市境が複雑に入り組み、多数の飛び地がある。ターミナルビルを端から端まで歩く場合、10回以上も市境をまたぐことになる。3市にまたがる空港とはいえ、なぜこれだけ境界が込み入っているのか。

詳細な地図でみると、豊中市と伊丹市に囲まれた池田市の飛び地が6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン