H2Oリテイリング、イズミヤとの経営統合を発表

2014/1/31付
保存
共有
印刷
その他

阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は31日、関西地盤の大手スーパー、イズミヤと経営統合すると発表した。6月1日付で株式交換によりイズミヤを完全子会社にする。

同日の記者会見でH2Oの椙岡俊一・最高経営責任者(CEO)は「関東と違い関西は商圏が広がらない。足元を固めるために商品や価格、業態の幅を広げる方策を模索していた」と述べた。イズミヤの林紀男会長は「関西という共通の事業基盤を持つ両社が、関西をより豊かに元気にしたい」と強調した。

経営統合に際しては、イズミヤの普通株式1株に対してH2Oの株式0.63株を割り当てる。イズミヤは5月28日で上場廃止となる予定。H2Oの2014年3月期の売上高は5700億円、イズミヤの14年2月期の売上高は3500億円の見通しで、単純合算すると1兆円近くなる。

H2Oは高級スーパー「阪急オアシス」を約70店展開しており、約90店のイズミヤを加えることで商品調達などの競争力を高める。両社合わせて約700万人いるカード会員を軸に、宅配などのサービスも強化する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]