/

この記事は会員限定です

関西Made 大和信夫・ヴイストン社長「ロボットを話し相手に」

アトムがいた未来(2)

[有料会員限定]

ヴイストン(大阪市)は2000年に設立されたロボット開発ベンチャーだ。設立時から社長を務める大和信夫氏(50)はロボット技術者ではなく、不動産会社の営業職などをしていた。ロボット会社の経営者となった経緯や、ロボットビジネスの将来性を聞いた。

――起業される前はサラリーマンだったそうですね。

「31歳の時に不動産会社に入社し、5年ほど勤めました。それ以前は父が経営していたプラント会社で設計技師をし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン