任天堂が開けたパンドラの箱 課金型ソフト解禁

(1/3ページ)
2011/12/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂がゲームソフトの販売戦略見直しに動いた。購入したソフトで遊んだが、なかにはもっと楽しみたいという人もいるだろう。そんな声に応えるのが任天堂が始める新しいサービス。インターネットを通じてゲームの続きを配信するもので、従来の任天堂にはなかった販売手法だ。個性的なゲーム専用機と魅力あるソフトの組み合わせで市場を切り開いてきた業界のガリバーが、ネット時代にふさわしい戦略を模索し始めた。パンドラの箱…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]