シャープ奥田常務「堺工場、減損リスクなくなる」

2012/3/27付
保存
共有
印刷
その他

シャープの奥田隆司常務は鴻海精密工業との業務提携について「円高など六重苦のなかで単体では限界が出てきた。グローバルな垂直統合によって、共同設計、共同で工場を使いこなし、原料の共同調達などでコストダウンを図り、強みを発揮できる」と強調した。

協業の効果による数値目標などについては「別途機会を設けて説明する」とした。

また、堺工場について、「生産能力の半分を彼らが引き受けることになり、操業がフルになることで減損のリスクはなくなった」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]