大阪堂島商取、コメ先物の活性化策

2013/9/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪堂島商品取引所は試験上場しているコメ先物市場の活性化に乗り出す。売買に参加する投資家層を広げるため売買単位の引き下げを検討するほか、1日の取引回数が増えるよう売買制度の変更も視野に入れる。早ければ11月にも活性化策を正式決定し、来年初めからの実施を目指す。同取引所の岡本安明理事長は、コメ先物の試験上場期限である2015年8月までに売買高を増やし、本上場を目指す考えを示した。

コメ先物は将来の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]