2019年2月19日(火)

任天堂が最終赤字250億円に転落 14年3月期、ゲーム機不振

2014/1/17付
保存
共有
印刷
その他

任天堂は17日、2014年3月期の連結最終損益が250億円の赤字(前期は70億円の黒字)になりそうだと発表した。従来予想の550億円の黒字から一転、2期ぶりの最終赤字に転落する。

12年に発売した据え置き型ゲーム機「Wii U」の販売が国内で振るわず、対応ゲームソフトも売れなかった。今期の想定販売台数を従来の900万台から280万台に引き下げた。

14年3月期の売上高は前期比7%減の5900億円(従来予想は9200億円)、営業損益は350億円の赤字(前期は364億円の赤字、従来予想は1000億円の黒字)にそれぞれ下方修正した。営業赤字は3期連続。

今期の年間配当額も従来予想の260円から前期と同じ100円に引き下げた。

同日午後4時半から大阪市内で岩田聡社長が記者会見して説明する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報