扶桑薬品、血液ろ過用補充液の需給逼迫 工場被災で

2011/3/14付
保存
共有
印刷
その他

扶桑薬品工業は14日、茨城工場(茨城県北茨城市)が被災し、血液ろ過用補充液を生産できなくなったと発表した。製品名は「サブラッド血液ろ過用補充液BSG 1010mL」「同 2020mL」。いずれも同工場でのみ生産しており、当面は市中在庫で対応するしかない。このため、急性期患者への使用を優先するよう、医療機関に呼びかける。

同工場では人工透析剤なども生産していたが、これらについては大阪、岡山の生産拠点から代替出荷を始めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]