大阪ガス、最大電力30万キロワット抑制 12年度、自家発電など拡販

2012/3/14付
保存
共有
印刷
その他

大阪ガスは13日、燃料電池などの拡販で2012年度中に関西電力管内の最大電力を新たに約30万キロワット抑制できるとの試算を発表した。11年夏の最大電力需要2784万キロワットの約1.1%に相当する。工場やビルにはガスコージェネレーション(熱電併給)システムを、家庭には燃料電池のほか太陽光発電システムを売り込むことで、関電が供給する電力量を削減できるという。

12年度経営計画の記者会見で初の試算を…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]