2017年11月18日(土)

関西電力、長野の2発電所から東電管内に送電

2011/3/13付
保存
共有
印刷
その他

 関西電力は13日、御岳発電所(水力、長野県)と寝覚発電所(同)の電源周波数を通常の60ヘルツから50ヘルツに転換し、東京電力管内に送電する準備を始めた。両発電所を合わせて最大7万キロワット(60ヘルツの場合)程度を発電できるという。

 関電はすでに東電への電力融通を始めている。ただ、東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツを採用しており、両地域の送電網をつないでいる周波数変換設備の限界から、関電や中部電力など60ヘルツを採用している電力会社全体で100万キロワットまでしか送電できない。長野県の2発電所からは周波数を変えれば直接、東電管内に送ることができる。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報