「答えは一つでない」 京大の白熱教室で人材育む
電機は負けへんで(17)

2013/7/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大学に「ベンチャー論」という人気講義がある。「スターバックスのお店を新しく始めるとして大事なことは何でしょう。3分で考えてみて」。客員准教授の瀧本哲史が大講義室で声を張り上げると、20人程度の学生が我先に手を挙げた。

■米コンサル経て

「高級感を出す」。学生が答えると、重ねて聞く。「高級感はどうやって出す?」「う~ん、店舗の立地かな」。テンポの速いやり取りで90分間の授業はあっという間に過ぎる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


不振の電機を読み解く


シリーズ「関西Made 第5部 電機は負けへんで」

関連インタビュー

連載企画「関西Made」をまとめ読み

電子版トップ



[PR]