関西企業、空調・冷熱機を前倒し更新 今春の電力値上げに備え
省エネ機種でコスト削減

2013/1/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今春の電力値上げに備えて、空調・冷熱設備を前倒しで更新する関西企業が増えている。スーパーの中には計画より数年早めたところもある。マイコン制御を取り入れた最新機種は旧機種に比べて省エネ性能が4~5割高く、一時的に投資がかさんでも得という判断だ。昨夏の節電は設定温度の調整で乗り切る企業が多かったが、今夏は踏み込んだ対策が必要なようだ。

食品スーパーのショッピングセンター池忠(堺市)は大阪府南部にある…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]