/

任天堂、「マリオカート」関連でスマホサービス

任天堂の岩田聡社長は7日、スマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)向けに、人気ソフト「マリオカート」に関連したサービスを提供する方針を明らかにした。

同日大阪市内で開いた2014年3月期の決算発表記者会見で、「マリオカートを遊んでいなくても、自分の順位や友達がどんな状態にあるのかが分かるウェブサービスを用意しようとしている。近いうちに詳しく出せると思う」と述べた。

岩田社長は1月の経営方針説明会で、今年中にもスマホなど向けのアプリを開発する方針を表明していた。

一方、7日の記者会見では、スマホなど向けにゲームソフトをつくることについて「スマートデバイスの活用の仕方は、ソフトを単純に移植することではないと思っている」と改めて否定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン