/

この記事は会員限定です

関西Made 「よく遊べ、ヒットはそこから」 ファミコン開発者

電機は負けへんで(15)

[有料会員限定]

「コンピューターを使わないゲームを考えてみて」。かつて任天堂の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」の開発部長だった上村雅之。70歳になった今、立命館大学で教壇に立ち、学生にこんな問いを投げかけている。

何もない時代に

パソコンに頼らず手近な物でどんな面白いゲームが作れるか。その作業から遊びの本質を学生に気付かせるのが狙いだ。

一世を風靡したファミコンは今年7月で発売30周年。ゲームは進化し、今やスマートフォン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン