/

Wii生産、任天堂が近く終了 販売減に対応

任天堂が家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」の生産を近く終了することが1日、分かった。後継機の「Wii U(ウィー・ユー)」の発売でウィーの販売台数が減ってきたことに対応する。店頭の商品がなくなり次第、販売も終える予定だ。

任天堂が同日までにホームページで明らかにした。ウィーは2006年に販売を始め、全世界での出荷台数が1億台を超えたヒット商品。コントローラーを振ることで操作できるなど、直感的に扱える使いやすさが特徴だ。海外のみで販売する廉価版「ウィー ミニ」の生産は続ける見通し。

ゲーム各社はこれまでも次世代機が軌道に乗ると、旧型機の生産を中止してきた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン