iPS細胞特許、米バイオベンチャーが京大に無償譲渡
係争回避し研究に専念

2011/2/1付
共有
保存
印刷
その他

 京都大学は1日、再生医療に使う「新型万能細胞(iPS細胞)」関連特許で、米バイオベンチャーのアイピエリアン(カリフォルニア州)と協力することで合意したと発表した。1月27日付で、アイピエリアンが保有する特許を京大に無償譲渡。アイ社と京大が保有する特許のライセンス供与を受ける。両者はヒトiPS細胞の作製特許で優先権を主張していたが、共同歩調をとることで、京大が米国などで出願した特許の成立に大きく前進した。

 iPS細胞は皮膚などの細胞から作れ、あらゆる細胞や組織に成長する能力を持つ。京大の山中伸弥教授が世界で初めて作製に成功。4つか3つの遺伝子を組み込んで作製する技術などで出願。4つの遺伝子を使う技術については国内などで特許が成立している。しかし、ヒトiPS細胞については独医薬大手バイエルが3つの遺伝子で作製する方法を発明、譲渡を受けたアイ社が米英などに特許出願していた。

 両者の特許はほぼ同様の内容で、米特許商標庁はどちらに優先権があるかを審判する方向で手続きを進めていた。その場合、数億円の弁護士費用が必要なうえ、結論が出るまでに2年ほどかかるとされる。iPS特許のライセンスビジネスはまだ小規模なので、アイ社は係争を維持するメリットが薄いと判断したものとみられる。

 京大で会見した山中教授は「知的財産の部隊はアイ社と粘り強く交渉していた。これで研究に専念できるので感謝している」と語った。また松本紘総長は「無益な係争を回避したい意志が両者にあった。話し合いはスムーズに進んだ」と明かした。

 これで、京大が世界に出願しているiPS関連特許の成立に前進した。しかし、iPS細胞の作製技術は多様な手法が世界中の研究機関やベンチャーから出願されており、再生医療に必要な特許がどれになるのかは不透明だ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

iPS細胞京大山中伸弥バイオベンチャー再生医療

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 7:01
26日 7:00
東北 26日 7:00
26日 7:00
関東 26日 7:01
26日 7:00
東京 26日 7:01
26日 7:00
信越 26日 7:00
26日 7:00
東海 1:18
1:16
北陸 26日 6:02
26日 6:00
関西 26日 22:19
26日 16:16
中国 26日 12:27
26日 7:01
四国 26日 12:27
26日 7:02
九州
沖縄
26日 21:04
26日 20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報